<a href=ウイイレ日記 -Load to Grand Master- " width="810" height="222">
携帯関連ラスト記事予定w
えっと・・・

一週間たって、やはり一番人が流れこんだのはソフトバンクだったみたいですね。
まぁ、安易に考えれば当然の結果なのかな。

それでも予想外割のせいで予想外の事態に対応しきれていないソフトバンクは
まだまだこの業界ではヒヨッコだなぁと感じました。

というわけでっと・・・      明日新機種みてきますw

そうそう。0円っていってもちゃんと他の機種とかわらないぐらいの額が
請求されるケースが多いと思うので、かえたい人は研究しなさいよっw

■「素人さ」が諸刃の剣に
店頭での説明も重要に=23日、ビックカメラ有楽町店のソフトバンクコーナー

 ソフトバンクは、NTTドコモやKDDIのような通信事業者としての「常識」や「経験」を持っていない。いい意味での「素人」でもある。だからこそ、次々と常識破りのことを繰り広げられるのだろう。

 ただ、それだけに通信事業者として、将来的に危うさを感じさせるのも事実だ。それでも「危ういけど、なんかとてつもないことを仕掛けてくるかも」というのがソフトバンクの最大の魅力でもあったりする。

 「予想外割」に関しては、当然ながら定額で音声通話をできるのはソフトバンクユーザーのみで、しかも一部、制限された時間帯がある。また他キャリアとの通話料金が高めに設定されていたり、メール無料といっても対象はソフトバンクユーザー間の電話番号によるメールに限られているため、必ずしも本当に安いというプランにはなっていないようだ。パケット定額制も別途、加入した方が賢明だ。「端末0円」も、購入時は0円ではあるが、高機能機種に関しては、月々、数百円以上の負担をしなくてはならない。

 「定額」と思って契約してみても、数カ月、届いた請求書を見ると、意外と高かったということもありうる。「あまり他社と変わらないなら、ソフトバンクをやめる」といっても、新スーパーボーナスの縛りでやめると数万円を請求される可能性もあるだろう。

<拡大>

ソフトバンクはauと同じサービス体系の「オレンジプラン」、NTTドコモと同様の「ブループラン」も26日に始めた

 「安い」というイメージを強烈にユーザーに植え付けることに成功したソフトバンク。しかし、今回の発表は、極秘に進められ、ショップ店員への教育もわずか数日間のまま、26日にサービスが開始された。それだけに、すでに現場では相当な混乱が起きているようだ。「予想外割」に加え、auと同じサービス体系で月額210円(税込み)安くした「オレンジプラン」、NTTドコモと同じサービス体系で料金を月額210円(同)安くした「ブループラン」という3社分の料金プランを把握しなくてはならないから、それは当然のことだろう。

 ショップでは、いかにユーザーにしっかりと商品の内容を説明して、後々のトラブルが起きないようにするかが課題となりそうだ。

 「安かろう悪かろう」では、ブランドイメージは簡単に失墜する。今後はいかにネットワークや顧客対応にトラブルなく、事業を継続させていくかが、ソフトバンクモバイルの命運を左右しそうだ。 とはいえ、料金戦略では他社を大きくリードしたのは間違いない。実際、NTTドコモやKDDIは「追随は無理」と白旗をあげている。これからしばらくは、ソフトバンクの一人勝ちになるかもしれない。

                          -NIKKEI NET より-

[PR]
by g-force-we | 2006-10-30 14:29
<< Jリーグウイニングイレブン10... もういいのやら、悪いのやらw >>