<a href=ウイイレ日記 -Load to Grand Master- " width="810" height="222">
もういいのやら、悪いのやらw
ソフトバンク

 新規購入、機種変更 ともに 0円 (2年間は利用するって契約のもとで)

を発表したような・・・
詳細はのちほど。

本当なら、すぐ機種変したいなぁ~

この前の記事の補足です。
 ソフトバンクモバイルは23日夜、「番号ポータビリティー」(番号継続制度)開始にあわせて新料金体系を打ち出した。音声通話の定額制導入が柱。孫正義社長は「大人のソフトバンク。料金競争は行わない」と明言してきたが、会見では「大人のソフトバンクになりきれなかった」と前言を撤回。加入者に最も関心の高い料金を訴求し、一挙にシェア拡大を狙う姿勢を鮮明にした。

 音声通話の定額制は、2年間の契約と月額基本料9600円のゴールドプランに加入することが条件で、ソフトバンクの携帯電話同士の通話が基本的に無料になる。これまで同社は、あらかじめ指定した1人への通話やメールが月額315円で使い放題となる「ラブ定額」料金を提供してきたが、それを拡充する。

 また、26日から来年1月15日までをキャンペーン期間に設定して、一気に加入者獲得を狙う。

 期間中にゴールドプランに加入すれば、基本料を11年加入と同等の70%割引の2880円とするほか、その基本料も2カ月は無料。最大月額4410円のネット通信料も2カ月無料にする。

 さらに、ライバル他社が提供する多様な料金プランをそのまま用意して割引率を引き継ぎ、月額利用料もライバル各社よりも210円安く設定した。競合他社が対抗値下げしてきた場合は、24時間以内に追随する。

 ソフトバンクは端末数の拡充や基地局増強などの“正攻法”で加入者拡大を目指していたが、9月末のシェアはNTTドコモ52%、au26%に対してソフトバンクは15%と水を空けられており、一気にシェアを奪える価格競争に手を染めた。


ということでしたが・・・

27ヶ月以内に機種変などをすると最大 40000円の罰金

というのがあるそうです・・・ww


うほw 2年以上ってきついにもほどがありますw


しか~も~

端末の故障、機種変でも違約金発生
27ヶ月の間に機種変や解約をすると、最大40000円を支払う必要がある。


え!?


えぇ・・・w


ちょっと詳しく調べてみよう・・・
まぁ、でもそらそうか・・・

タダで機種変できて・・・
嫌になったら、わざと水没させて、またタダで機種変なんてことされてもこまるしねぇ~

でもさ・・・

せめて1年ぐらいにしようぜっ・・・
最大4万ってだけで、
実際は機種変更にいるぐらいの値段だったら妥当なんですがねぇ~
その辺どうなってんのかなぁ


-追加-
ソフトバンク,携帯全機種新規・機種変更0円で持ち帰り

 「全機種ともゼロ円で持ち帰ることができる」――。ソフトバンクモバイルの孫正義・代表執行役社長(写真1)は10月26日,都内のヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店内で新たな“予想外”を発表した(関連記事)。新規加入時,機種変更時ともに,端末代を実質無料にする。条件は同日開始した「新スーパーボーナス」に加入することだ。

 まず,携帯電話全機種の店頭価格(厳密には割賦販売における持ち帰り価格)を0円とする。新スーパーボーナスでは携帯電話端末を割賦で販売する方式を採用しており,持ち帰り価格は頭金に相当する。端末の店頭持ち帰り価格を全て0円とすることで新たな加入者の獲得を加速するとともに,既存加入者がモバイル番号ポータビリティを利用して他社サービスに移行することを防ぐ。

 同時に,月々の割賦相当額を毎月の基本料金から割り引く。「予想外割(ゴールドプラン)」の場合,2007年1月15日までに加入すれば,月額基本使用料2880円でソフトバンクモバイルの加入者間の通話料が0円,同じく加入者間のメール代(SMS,MMS)が0円となる(関連記事)。

 新スーパーボーナスは,新たに割賦期間が1年と1年半のプランも用意した。11日10日から開始する。従来のスーパーボーナスでは割賦期間は2年しか選択できなかった(関連記事)。例えば,現在販売中の「Softbank 705SH」を新規で購入した場合,2年のプランではユーザーが実質負担する金額は月額0円,1年半の場合で月額数百円,1年の場合で月額千数百円となる予定。

 また既に従来の「スーパーボーナス」を契約した加入者に対しても,予想外割(ゴールドプラン)に変更する施策を現在検討中。「社内では“と金”プログラムとの仮称で準備中」(孫社長)という。

[PR]
by g-force-we | 2006-10-26 09:58
<< 携帯関連ラスト記事予定w 今日からポータビリティ~♪ >>